スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレームレートとリフレッシュレート

これまで、フレームレート改善という記事を何回か書いてきましたが、大事な事を見落としていました。
それはフレームレート≦リフレッシュレートでしかないという事です。

結論を先に言ってしまえば、フレームレート(fps)がリフレッシュレートを超えて描画されることはありません
詳しい事は以下に説明します。







フレームレート(fps)とはFramePerSecond、1秒あたりのフレーム数です。
ゲームや動画などの映像は、パラパラマンガのように1枚の画像(=1フレーム)を入れ替えることで動いているように描画しています。
30fpsなら1秒間に30枚の画像がパラパラされているわけです。
フレームレートが下がればカクカクやちらつきに見えてしまいます。
個人差はありますが人間がカクカクを視認できなくなるのが60~70fpsくらいからと言われています。

スペシャルフォースはMAX32fpsですので、ゲームに慣れている方だとカクカクが気になったり、すぐ疲れてしまったりします。
サドンアタックはMAX84fpsなので、目の良い方でないとほとんど気にならないレベルでしょう。
しかし、ここに落とし穴があります。

本格的にゲームをしている方以外は恐らく液晶モニタを使っていると思います。
モニタにはリフレッシュレートというものがあり、液晶ではMAX75Hzで、CRTではMAX160Hzとかです。(もっと性能が高いのもあります。)
リフレッシュレートは画面を1秒間に何回書きかえるかという事を表します。

つまり、fpsが100や200出ていたところで、表示するモニタのリフレッシュレートが60Hzであれば、60fpsであることとなんら変わりはありません

サドンアタックのfpsが84まで出ているからといって、液晶モニタを使っていては実質最大75fps止まりというわけです。

特に最近はワイドモニタがほとんどです。
ワイドモニタの場合、最大解像度ではMAX60Hzというのが基本です。
FPSなどのアクション性の高い(高いfpsが要求される)ゲームでは、モニタの解像度を下げて75Hzにしてプレイしてみてください。
その際、アスペクト比を固定したい場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

FPSなどのゲームに目が慣れた方であれば75Hzでもちらつきが気になってしまうと思いますが、我慢できなければCRTモニタを探してみてください。
最近は120Hzや240Hzで駆動する高性能モニタも続々と出ているようですので、CRTモニタを探すよりも現実的かな?


記事中の説明で誤解があるといけないので補足します。
リフレッシュレートを60Hzに設定したモニタで、
フレームレートが60fpsしか出ないゲーム設定よりも、200fps出るゲーム設定の方がゲームは軽く感じます。
200fps出ているのに画面がちらついて見えるような方はリフレッシュレートを上げる必用があります。
人間の目は70~80fpsくらいからその差がわからなくなると言われています。
もしお使いのモニタが60Hzを超えるリフレッシュレートの設定ができるのであれば、高く設定することをオススメします。
リフレッシュレートが低いと目が疲れやすくなりますので。

カスタムマップ配布用サイト

本日カスタムマップ配布用サイト公開しました!
http://42.tok2.com/opie/
↑こちらからどうぞ

カスタムマップご利用の際の注意事項等

==============
1.はじめに
==============

配布しているカスタムマップはCounter-Strike: Source用のカスタムマップです。
デスマッチ用に作成されています。
デスマッチ用プラグインを導入されていなくても遊ぶことは可能です。


==============
2.利用方法
==============

取得した(カスタムマップ名).zip内にある「(カスタムマップ名).bsp」及び「(カスタムマップ名).nav」を
C:\Program Files\Steam\steamapps\(ユーザー名)\counter-strike source\cstrike\mapsフォルダ内に移動した後、Counter-Strike: Sourceを起動すればOKです。


==============
3.注意事項
==============

カスタムマップは個人で楽しむ事を目的として作成しました。
商用目的で利用しない事を前提に、作成許可を頂いています。
商用目的での利用を禁じます。

作成者Opie.はカスタムマップ作成に関してはまるで素人です。
不具合等はご容赦ください。

ホームページ上にアップロードするなどした、不特定多数の方への二次配布はご遠慮ください。
その際は http://opie.blog42.fc2.com/ をご紹介ください。

ベテランカスタムマッパー様による、マップ修正の際は opiesblog@gmail.com へご一報お願いします。
今後のマップ作成に役立てたいと思います。


======================================
4.鯖管理者様へ
======================================

公開ゲームサーバーを建てているサーバー管理者様へ

当カスタムマップを導入される際、ご一報くだされば
ブログ上 http://opie.blog42.fc2.com/ 等で宣伝させていただきます。
IPアドレス、ポート、パスワード等必要事項をお知らせください。


====================
5.SPECIAL THANKS
====================

マップ作成に当たりご協力頂いた皆様へ、この場を借りて感謝いたします。


======================================
6.マップ情報・ご意見・お問い合わせ
======================================

http://opie.blog42.fc2.com/
opiesblog@gmail.com

グラフィックボード熱対策第四回RivaTuner③

前々回RivaTunerのダウンロードからインストールまで、前回はフルスクリーンゲームのプレイ中でもGPU温度を表示しておける方法を紹介しました。
今回はGPU温度によってファンの回転数をコントロールする方法を説明します。

GPU温度が低い時には静音と節電を兼ねてファン回転数を極力低くし、GPU温度が高くなってきたらファンスピードマックスでGPUを冷却する、といったことを設定します。

私のPCでは通常時のGPU平均温度は50℃前後ですが、負荷のかかるLeft 4 Dead等をプレイしてると70℃まであがります。
ですのでL4D中にはファン回転数は100%の力で働いてもらっています。

それでは実際の設定方法を説明します。



と、言いたいところでしたが、こちらこちらでとてもわかりやすくご説明されているので、あえてリンクの紹介で締めさせて頂きます(´ω`メ)
・・・ぅん、だって面倒臭かったんだもん。

ちなみに、GPUのオーバークロックもファン回転数の制御と同様に出来ますので便利です。
RivaTunerStatisticServerに設定すれば、特定のゲームを起動したときだけオーバークロックするといったことも可能です。


あくまでも自己責任でお願いします^^

ウエアハウチュについて byサドンアタック運営

問い合わせからすでに1ヶ月も過ぎた今日、運営から回答がありました。
※一部内容を変更しています。


お問い合わせの件ですが、運営チームにて検討を行いました所、
弊社サドンアタックにて利用しておりますサドンアタックのテスクチャそのものを利用しない事、あくまで模倣したものである事、商用利用が目的ではない事を条件に作成自体に問題はありません。


ということですので、堂々と配布させていただきますヾ(´∀`メ)

後日レンタルホームページ借りて配布用サイト作成しますね。
テストハウチュ修正後配布します。

オールドタウソ配布について

ウエアハウチュはマップ作成初心者なりにある程度の完成度を目指しましたが、オールドタウソは配布が目的ではなく作成したため、快適性やバグ等に問題が残っています。
そのため配布しないできましたが、希望される方がいるので配布することに決めました。

しかし、上記の問題から配布はメール添付のみに限らせて頂きます。
オールドタウソに関するお願いは以下のとおりです。

・運営から商用利用しない事を条件に配布を許可されています。
・スペックを選んでしまうので、公開サーバーなどで使用しないでください。
 (シングルプレイや身内でのプレイのみでお願いします)
・マップの大きさや、BOTの動きなどについても、不平不満は無しでお願いします。
・修正する予定もありませんので、要望等も受け付けません。

以上をお願いします。


からの、こちらへ

Sourceエンジン不具合解決

ソースエンジンを使用しているLeft4DeadCounter-Strike:Sourceなど、当方の環境でプレイしているとスペック不足ではなく、頻繁にカクつく現象が起きていました。
Left4DeadではTankが近付いているのにプチフリーズ状態になって、気づいたら投げ飛ばされるといった残念な事が・・・。
色々調べてみるとサウンドループ現象と呼ばれていて、主な原因は不明らしいですが、nVidiaのグラボに多く、ドライバとの相性が有力です。
最近の180番台に多く報告されているらしいです。(当方は178だったんですけど^^;)
また、マルチコアを無効にする・使用ページプールメモリを低にする・オーディオ音質を低にする・ウインドウモードで起動する等の設定にすることで直る事もあるらしいです。
確かに頻度は減りましたが直りませんでした。(1秒に1回が10秒に1回とか)

そこで、大概の不具合は直るであろう最終手段、OSの再インストール
HDDに大量に空きがあるのでそちらにインストールして、各種ドライバとWindowsUpdateをしただけの環境でゲームをしたところ、完全に直りましたヾ(´∀`メ)

ついでに、A.V.Aのロード落ちも無くなりましたw

何が原因だったんだろう・・・。

グラフィックボード熱対策第三回RivaTuner②

第二回でインストールしたRivaTunerを使って、常時タスクトレイにGPU温度を表示する方法と、FRAPSのようにフルスクリーンゲーム中も表示しておく方法を説明します。

なお、RivaTuner v2.24を使用しての説明になります。
過去バージョンや、随時更新される最新バージョンとは仕様が異なる場合があります。ご了承ください。
例のごとく自己責任の下、ご利用ください。



Settings
[スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[RivaTuner v2.24]⇒[RivaTuner]を開きます。
RivaTunerが開いたらSettingsタブを開きます。
Send to tray on closeにチェックを入れるとRivaTunerのウインドウを閉じたときにタスクトレイに最小化されます。(ウインドウを閉じただけでは終了しません)
Run at Windows startupにチェックを入れるとパソコンの起動と同時に起動(スタートアップ)するようになります。
プルダウンメニューからvia Startup registry keyを選ぶとスタートアップをレジストリに登録し、via Startup folderを選ぶと[すべてのプログラム]内にあるスタートアップフォルダに登録されます。
管理がしやすい点からスタートアップフォルダへの登録をオススメします。
適用をクリックして設定を完了します。

Tray Icon
Mainタブを開き[Target adapter]内に使用中のGPU情報が表示されています。Customize...横の三角形アイコンをクリックします。
虫眼鏡のようなHardware monitoringをクリックします。
rivatuner1
右下Setupを開いた後、[Data sources]内のCore temperatureをクリックして下部Setupを開きます。
[Tray icon settings]内のShow core temperature in tray iconにチェックを入れた後、下のプルダウンメニューからText valueを選択し、その左のマスをクリックすることで表示色を変更できます。

Screen Display
―上の続きです―[On-screen display and Logitech LCD display settings]内のShow core temperature in on-screen displayにチェックを入れたらOKをクリックして設定は完了です。
タスクトレイにGPU温度が表示されているか、確認してください。
次に[すべてのプログラム]⇒[RivaTuner v2.24]⇒[RivaTuner Statistics Server]を開きます。
上からStart with WindowsをONで、パソコン起動と同時に起動するようにし、Show On-Screen DisplayをONにすることでゲーム中でもGPU温度を表示できるようにします。
起動するプログラム毎に温度表示をするかどうか設定できますが、まずは一般的な設定のままで説明します。
左側に[Global]が選択されていることを確認したらOn-Screen Display supportをONにします。
On-screen Display zoomは表示する字の大きさを変更できます。
その下のモニタもどきの四隅、モニタもどきの下の数字を上下させることで表示位置の微調整が可能です。
On-screen Display shadowをONにすると表示文字に影がつき見やすくなります。
On-screen Display palette左側が文字色、右側が影色を変更可能です。
Show own statisticsはフレームレートかと思われますが、FRAPSで表示してるのでここはOFFにします。
最小化したのち、ゲームを起動して、動作を確認してください。ちゃんと表示されていれば設定完了です。

プログラム毎に変更する方法は、[Global]に設定するのではなく、設定したいプログラムを指定して設定します。
一覧に無い場合は左下の+マークから追加できます。
プログラムを選択したらあとは[Global]で設定した方法と一緒です。
rivatuner2

グラフィックボード熱対策第二回RivaTuner①

第一回ではGPU-Zを使用してGPU温度を測る方法をご紹介しました。

第二回以降ではRiva Tunerというフリーソフトのご紹介をしていきます。
第三回では、フルスクリーンになってしまうゲームでも、プレイ中にGPU温度を表示させておく方法を。
第四回では、グラボ搭載のファン回転数をGPU温度毎に任意にコントロールする方法を紹介していきます。

それでは本回、第二回ではRivaTunerのダウンロードからインストールまでを説明します。



ダウンロード
http://www.updatestar.com/ja/detail/rivatunerへ行き、中段ニュース欄下部のダウンロードするからダウンロードページへ進みます。
中段やや下部のSelect Download Locationから国を選びます。
RivaTunerのライセンスに同意を求められるのでよければI Agreeをクリックすればダウンロードが開始されます。

インストール
ダウンロード完了後、保存したファイルを開くと実行ファイルの解凍場所を聞いてくることがあります。インストール先ではありませんので、インストール後削除しやすい場所を指定しておきましょう。
指定した場所にGuru3D.comというフォルダが作られているので、フォルダ内のSetupフォルダ内RivaTuner224.exeを実行してインストールを開始します。
Nextをクリックしたら、ライセンスの同意を求められるのでよければI accept ~~にチェックを入れNext、インストール場所を指定したらNextをクリックします。
Choose Start Menu Folderではスタートメニューに登録するかどうか聞かれるので、各自好みでNext
後は自動的にインストールされるので、インストールが完了したら閉じます。

次回はRivaTunerを使用して、GPU温度をタスクトレイ&フルスクリーン時に常時表示できるように設定していきます。

グラフィックボード熱対策第一回GPU-Z

鯉のぼりが大きく風になびかせながら、青々とした皐月の空に舞っています今日この頃。みなさまには熱対策はバッチリなこととお慶び申し上げます。

最近時折暑い日も続くようになったのでPCの方にも少し気を使ってあげなきゃな、と思いはじめました。
そこで、3Dゲームをするときに気をつけなければならないのが、グラボの温度。

シリーズ化して、簡単な熱対策を説明していく予定です。

今回は第一回、GPU温度の測定からです。



熱対策をする上で、ファンをつけるだとか水冷システムを導入するだとか以前に大事なこと。
それはまず、GPUの温度を測ることです。

GPU-ZというGPU環境を表示できるフリーソフトを導入しましょう。
CPU-ZというCPU周りのシステム情報を表示できるソフトもありますが、これはGPUバージョンですね。

ダウンロード
http://www.techpowerup.com/downloads/SysInfo/GPU-Z/からGPU-Zのバージョンを選び、[Download Now!]からダウンロードサイト一覧に飛びます。
混雑していなさそうなサーバー(国)を選んで、ダウンロードします。
デスクトップなど、わかりやすい場所に保存しましょう。

インストール
インストール不要のソフトなので、保存したファイルを実行すればすぐに起動します。

Graphics Card
起動したら色々表示されていると思います。
GPU ClockMemory Sizeなどちゃんと表示されていますでしょうか?
当方GPUはGeForce8600GTの512MB版なのに、GPU-Zでは256MBと表示されてます。どちらが正しいのでしょうか(´∀`;)?

Sensor
GPU Temperatureに現在のGPU温度、Fan Speedに現在のファン回転数が表示されています。
GPU Temperature右のプルダウンメニューから'Current'現在/'Lowest'最小/'Highest'最大/'Average'平均温度に切り替えることができます。
GPU-Zを起動したまま一通りゲームをやったら、平均温度や最大温度を見てGPUの状況を把握しましょう。
Log to fileにチェックをつければ、1秒毎のログファイルを作成できます。
表計算ソフトなどでグラフにすれば、GPUの温度の変動が一目でわかります。

お使いのGPUがどの程度の温度なら大丈夫なのかは、ご自身で調べてみてくださいね。

検索フォーム
Opie.使用周辺機器
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。