スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8のお供にSSD

今使用しているのはHDDですか?それともSSDですか?

SSDが流行し始めた2~3年前は、非常に高価で不具合も多く、寿命も短いなんて評価でした。
しかし現在はその価格も大きく下落し、性能も安定して寿命も延びました。
中でも特に心配だった寿命も、今ではHDDと比べても(使用状況にもよりますが)遜色ないまでになりましたし、物理的破損の可能性が高いHDDよりも場合によっては寿命が長いこともあります。
プチフリーズ問題なんてのもすでに昔の話です。

Crucial 128GB のSSDを購入してから半年経ちました。
①速い
②静か
フリーズも書き込みエラーも今まで一度もありません。
Windows8はSSDに対応しているので、SSDの最適化もしてくれます。

高性能のCPU、たくさんのメモリを載せて、グラボも最新ハイエンド。
それでもHDDのままだとボトルネックになってしまいます。

SSDはHDDと同じく容量が大きければ大きいほど読み書きが高速になります。
できるだけ大容量のものを購入したいところですが、現実問題価格がネックになってきてしまいます。
一昔前のHDD500GBなどをお使いなら小容量のSSDでもその速度差を体験できると思います。

ただSSDは安定してはきましたが、やはり粗悪品では不安定な商品も多いとのこと。
評判のいい製品をいくつか紹介しておきます。




左から、まずは私Opie.も使用しているCrucial M4 SSDシリーズ 128GB
評判もよく、また価格もお手頃ということで購入しました。
安心のインテルではなかったので少々不安でしたが、現在まで不具合一切ないのでオススメします。

次はIntel 330 Series 120GB
安心のインテルということで。
以前はインテル製は他の同等の商品と比べて割高だったのですが、価格もこなれてきて、いつの間にかお手頃価格になって販売されています(笑)

SSDはOSを入れるだけにして、データ類はHDDに保存するようにするのがいいといわれていますが、もっと大きい容量のSSDが欲しい方にはインテル 335 Series 240GBをお勧めします。

240GBじゃ足りん!最低でも500GBじゃ!という方にはCrucial M4 SSDシリーズ 512GB

※CrucialのSSDをデスクトップパソコンに取り付ける時は3.5インチベイ用2.5インチマウンタが必要になることもありますのでご注意を。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Opie.使用周辺機器
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。