スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fps計測ソフトFRAPS

FPSなどのアクション性の高い3Dゲームをする人は、ゲーム中の描画性能を気にする人が多いです。
フレームレートが低くなると、カクついたりして一瞬の判断を要するゲームでは命取りになってしまうからです。

そこで、ゲーム中フレームレートを計測できるフリーソフトFRAPSの紹介です。

ゲームをする人には結構有名なソフトなので、ご存じなかった方は是非参考にしてください。

一部古くなってしまった箇所がありましたので修正しました(2013/01/06)。




まずはFRAPSの公式サイトhttp://www.fraps.com/にアクセスします。
上部メニューのDownloadをクリックすると、FRAPSの最新バージョンのページが表示されます。
下部Download FRAPS x.x.x Setup (xxxMB)(xはバージョンやサイズの数字です)をクリックして、最新バージョンを入手します。
ダウンロードが完了したら、setup.exeファイルを実行して、インストールします。

インストール
Fraps x.x.x: License Agreementにはソフトウエアのライセンスが記載されています。[I Agree]をクリックして同意します。
Fraps x.x.x: Installation FolderではFRAPSのインストール場所を指定できます。デフォルトではC:\Fraps\となっていますが、そのままでよければ[Next]をクリックします。
Fraps x.x.x: Start Menu FolderではスタートメニューにFrapsの項目を作成します。よければ[Install]をクリックして、インストールを開始します。
文字がズラズラっと流れた後、Completedが表示されればインストール完了です。[Close]をクリックして、終了します。

設定
インストールが完了したFRAPSはスタートメニューのFrapsから起動できます。
起動したら、右下の時計等が表示されているタスクトレイに黄色い文字で99が表示されたモニタのアイコンがあるので、ダブルクリックします。
以下#に挟まれたコメントは私の設定です。

//General//
Start Fraps minimizedにチェックを入れると、FRAPS起動時に最小化された状態で起動します。#ON#
Fraps window always on topはFRAPSを常にウインドウの手前に表示するかどうかです。#ON#
Run Fraps when Windows startsにチェックを入れれば、パソコンを起動しただけでFRAPSも起動するようになります。#ON#
Minimize to system tray onlyにチェックを入れると、FRAPS起動時にタスクトレイにしまわれたままで起動します。#ON#

//FPS//
Overlay Hotkeyは、フレームレートを表示する位置を変えるためのキーを指定できます。[Disable]で設定を解除できます。#None#(個人的に、ホットキーは他ゲームとの兼ね合いもあるので、ほとんどNoneにしています。)
Benchmarking Hotkeyは、フレームレートのログファイルの保存を開始するためのキーを指定できます。[Disable]で設定を解除できます。#None#
Overlay Cornerで、フレームレートを表示したい位置を四隅から選択できます。#右上#
Only update overlay once a secondにチェックを入れると、フレームレート表示をリアルタイムから1秒毎に切り替えれます。フレームレートがごちゃごちゃ切り替わってしまって目障りな方はチェックを入れましょう。#OFF#

//Movies//
FRAPSではゲーム画面を動画として録画することができます。無料版では30秒までで上部に広告が入るという制限があります。FRAPSの過去のとあるバージョンでは、無料版ながら制限なく使えてしまうものもあります。
今回は録画ではなく、フレームレートを表示するためにFRAPSを導入したので、録画機能は使わないように設定しておきます。
Video Capture Hotkeyに設定したキーを押せば、録画の開始/終了ができます。[Disable]でキー設定を解除できます。#OFF#

//Screenshots//
Moviesと同様の理由でスクリーンショットも無効にします。
Screen Capture Hotkeyに設定したキーを押せば、ゲーム画面のスクリーンショットを撮れます。[Disable]でキー設定を解除できます。#OFF#

設定完了後、最小化してタスクトレイに常駐しておけば、ゲーム起動後フレームレートが表示されるようになります。

関連記事

テーマ : 役立つツール
ジャンル : コンピュータ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レイバン 店舗

Opie's Blog fps計測ソフトFRAPS

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
Opie.使用周辺機器
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。