スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows8のお供にSSD

今使用しているのはHDDですか?それともSSDですか?

SSDが流行し始めた2~3年前は、非常に高価で不具合も多く、寿命も短いなんて評価でした。
しかし現在はその価格も大きく下落し、性能も安定して寿命も延びました。
中でも特に心配だった寿命も、今ではHDDと比べても(使用状況にもよりますが)遜色ないまでになりましたし、物理的破損の可能性が高いHDDよりも場合によっては寿命が長いこともあります。
プチフリーズ問題なんてのもすでに昔の話です。

Crucial 128GB のSSDを購入してから半年経ちました。
①速い
②静か
フリーズも書き込みエラーも今まで一度もありません。
Windows8はSSDに対応しているので、SSDの最適化もしてくれます。

高性能のCPU、たくさんのメモリを載せて、グラボも最新ハイエンド。
それでもHDDのままだとボトルネックになってしまいます。

SSDはHDDと同じく容量が大きければ大きいほど読み書きが高速になります。
できるだけ大容量のものを購入したいところですが、現実問題価格がネックになってきてしまいます。
一昔前のHDD500GBなどをお使いなら小容量のSSDでもその速度差を体験できると思います。

ただSSDは安定してはきましたが、やはり粗悪品では不安定な商品も多いとのこと。
評判のいい製品をいくつか紹介しておきます。




左から、まずは私Opie.も使用しているCrucial M4 SSDシリーズ 128GB
評判もよく、また価格もお手頃ということで購入しました。
安心のインテルではなかったので少々不安でしたが、現在まで不具合一切ないのでオススメします。

次はIntel 330 Series 120GB
安心のインテルということで。
以前はインテル製は他の同等の商品と比べて割高だったのですが、価格もこなれてきて、いつの間にかお手頃価格になって販売されています(笑)

SSDはOSを入れるだけにして、データ類はHDDに保存するようにするのがいいといわれていますが、もっと大きい容量のSSDが欲しい方にはインテル 335 Series 240GBをお勧めします。

240GBじゃ足りん!最低でも500GBじゃ!という方にはCrucial M4 SSDシリーズ 512GB

※CrucialのSSDをデスクトップパソコンに取り付ける時は3.5インチベイ用2.5インチマウンタが必要になることもありますのでご注意を。
スポンサーサイト

Windows8を使用しての感想

みなさーん!Windows8使ってますかー?Windows8いいですよー(笑)

Windows8が発売されてからまもなく2か月が経とうとしています。
ConsumerPreview版、ReleasePreview版、製品版を使用してきましたが、ネットで悪い評判を見る程のものではなく、逆にWindows8をオススメしたいぐらいです。

WindowsXPからアップグレード版を購入してWindows8にしました。
実際にWindowsVistaもWindows7も使った事がありますが、今ではWindows8が一番お気に入りです。

Windows8の一番の特徴は、争点にもなるスタートボタンの廃止とMetroUI(スタート画面)の登場です。
正直、批判している人はWindows8を使いこなすまで使ってないんじゃないかなと思います。
もちろん最初は戸惑います。Windows伝統のスタートボタンが無くなっているわけだから。
ですが、スタートボタンってそんなに使いますか?
よく使うインターネットブラウザやマイドキュメントなんかはタスクバーに張り付けておきますし(XPではクイック起動バー)、ゲームなんかはデスクトップショートカットから起動します。
もちろん使用回数の少ないアプリを起動する時は必要になりますが、顔を真っ赤にして批判するほどのものでもないと思うんです。

次に、Windows8は起動がとても早くなりました。
PCによっては電源投入からスタート画面まで10秒を切るんじゃないでしょうか?
マザーボードが古くなってへたってきたのでBIOSの起動が終わるまで20秒くらいかかりますが、そこからスタート画面までは一瞬です。
Windowsのロゴが立ち上がってプログレスバーがクルクル回って・・・なんてWindows8は一瞬表示されたのかどうなのかっていう早さです(笑)
もちろん使用中も重さを感じることはなく、サクサクです。

そして一番関心したのは、ドライバの自動インストールです。
今まではOSをインストールしたらマザーボードのドライバ入れて、グラフィックボードのドライバ入れて、、、とかやってたわけですが、Windows8では全自動でインストールしてくれちゃってます。
これは本当にラクでした。

なによりアップグレード版の価格です。
Windows7のアップグレード版は余裕の1万円超えですが、Windows8はMicrosoftからのダウンロード購入だと3300円、DVDディスク版でも5000円ちょっとですから、XPやVistaを使用しているなら購入も考えてみてはいかがでしょうか?

ちなみにダウンロード購入版だと、自分でDVDに焼いたりする手間もかかるので、面倒な方や不安な方はDVDディスク版を購入されることをオススメします。



※アップグレード版のキャンペーン価格は2013年1月31日までですので、お早目に!

FPS向きゲーミングデバイス


Opie.おすすめのFPS向きゲーミングデバイスです




検索フォーム
Opie.使用周辺機器
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。