スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラフィックボード熱対策第四回RivaTuner③

前々回RivaTunerのダウンロードからインストールまで、前回はフルスクリーンゲームのプレイ中でもGPU温度を表示しておける方法を紹介しました。
今回はGPU温度によってファンの回転数をコントロールする方法を説明します。

GPU温度が低い時には静音と節電を兼ねてファン回転数を極力低くし、GPU温度が高くなってきたらファンスピードマックスでGPUを冷却する、といったことを設定します。

私のPCでは通常時のGPU平均温度は50℃前後ですが、負荷のかかるLeft 4 Dead等をプレイしてると70℃まであがります。
ですのでL4D中にはファン回転数は100%の力で働いてもらっています。

それでは実際の設定方法を説明します。



と、言いたいところでしたが、こちらこちらでとてもわかりやすくご説明されているので、あえてリンクの紹介で締めさせて頂きます(´ω`メ)
・・・ぅん、だって面倒臭かったんだもん。

ちなみに、GPUのオーバークロックもファン回転数の制御と同様に出来ますので便利です。
RivaTunerStatisticServerに設定すれば、特定のゲームを起動したときだけオーバークロックするといったことも可能です。


あくまでも自己責任でお願いします^^
スポンサーサイト
検索フォーム
Opie.使用周辺機器
リンク
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。